9.08 頑張ればできるようになった経験をさせたい

お問い合わせ
電話番号

9.08 頑張ればできるようになった経験をさせたい

先日、受験生にはVもぎを受けてもらいました。

結果は、生徒によってさまざまです。

 

今日は、Vもぎを受けた結果について書きたいと

思います。

 

このブログは、

(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

 

勉強した力がきちんと発揮できたかどうか

 

今回のVもぎでは、初受験をした生徒ばかりです。

きっと会場の雰囲気に緊張したり、長時間のテストで

集中力が途中で切れてしまったり、はじめての経験の場合は

とまどうこともあったと思います。

その影響で、思ったように力が発揮できなかった生徒も

いるでしょう。

 

たとえば、数学であれば、最初の大問1の計算6問を間違えずに

できたか、英語の最初のリスニング問題は、3問中2問はできたか、

理科と社会では、自分が勉強していた単元はできたか、

などなど、いつもはできていたものが、実際の試験で

しっかりと点数を取れたかがポイントです。

生徒によっては、本番に弱かったり、強かったりしますが、

やはりこれも模試を受けて慣れていくしかありません。

 

 

夏に頑張った生徒は結果が出ている

 

今回の生徒たちの結果をふまえてやはり夏休みに

しっかりと勉強を頑張った生徒は確実に力がついて

います。

特に200時間チャレンジをクリアした生徒やその近くまで

学習した生徒は結果に表れています。

特に嬉しかったのは、1学期まではチャレンジだったと思っていた

志望校が今回まさかのS判定(安全圏)だった生徒が

いました。中1や中2の時はやる気がなくて、

困った状態でしたが、ようやく中3になって変化して

きました。

やはりしっかりと頑張ると思った以上に伸びることが

あります。この臨界点を超えさせることが指導者の

役割かなと思います。

 

一方で、夏休みに勉強を頑張れなかった生徒は

やはり頑張れなかった結果でした。

まあ、当たり前の流れなので特に驚くことは

ありません。本人はけっこうがっかりしていましたが、

その自分の甘い考え方と現実のギャップに早く気づかせる

ことも大事です。

 

いずれにしても今回の模試で、結果が良かった生徒と、悪かった生徒が

いたことは事実です。しっかりとこの結果をふまえて、

2学期の学習、そして今後の模試に生かしていきたいと

思います。

 

それではまた。

 

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。