8.23 漢字検定を実施しました!

お問い合わせ
電話番号

8.23 漢字検定を実施しました!

今回の漢検の受験者は、小学生が4名、中学生が9名の13名でした。

それぞれがこの日までに練習して(練習をさせて)

試験日となりました。

 

 

今日は、漢検について書きます。

さて、このブログは、
(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、
より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

それではどうぞ。

 

漢検は非常に取り組みやすい

DSC_0147

 

漢字検定は、小学校1年生の漢字から非常に難しい(見たこともない)

漢字まで幅広く取り扱っています。

検定の級としては、10級~1級まであります。

入試や履歴書でも優遇される場合もあり、

毎年200万人以上の人が受験しているそうです。

みなさんも受けたことがある人は多いのではないでしょうか?

 

ちなみに私は、今年の1月に漢検2級を受けて無事に合格しました。

(2年前に受けて不合格で、2回目のチャレンジです)

なんとか合格できてほっと一息。

 

私自身が生徒に取り組ませている理由としては、

漢字は練習すれば成果が見えやすいものですし、

確実に入試でも出題されますし、大人になっても最低限の読み書きは

できたほうがいいと思って取り組ませています。

それに、活字離れを問題になっているので、漢字に触れる機会を増やすという

意味でも大切かなと思います。

 

決められた期限に向かって勝負する大切さ

 

なかなか学校のテスト以外に決められた期限にむかって、テストをする機会って

小・中学生ぐらいだと少ないと思います。

だからこそ、決められた期限に向けてどうやって練習していけばいいのか、

どの分野が苦手なのかを考えていく必要があります。

 

漢検は単純に読み書きだけでなく、部首や類義語・対義語、

熟語の成り立ち、四字熟語などもあります。

そういう意味でも、自分で考えて練習していく必要もあるので、

いい学習のトレーニングにもつながると思います。

 

そして、合格することができれば達成感もありますし、一つの自信にもなるかと

思います。しっかりと賞状と合格証明書も出ますから。

また、かりに不合格だったとしても、自分の甘さを感じる機会になり、

それも大切かと思います。

人生はこれからずっと勝ち続けられるとは限りませんから。

 

 

結果は3週間後ぐらいにでますが、

今回の生徒たちの結果がどうなるか楽しみです。

 

 

それでは。

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。