7.21 1日をどう過ごすかで未来が変わる

お問い合わせ
電話番号

7.21 1日をどう過ごすかで未来が変わる

最近、自分自身の生活を見直しています。

何に時間を使っているのか、睡眠、食事、仕事、遊び、スマホ、読書などなど、

意外と意識してなくて無駄にしている時間も多いなあと痛感しています。

 

そこで今日はちょっと時間について書いていきます。

 

さて、このブログは、
(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、
より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

それではどうぞ。

 

 

時間はみな1日に24時間で同じ

 

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

 

 

あなたは時間を意識して生活しているでしょうか?

 

1日は24時間。

24時間は1440分。

1440分は86400秒。

 

1年は365日。

人間の寿命が80年だとすると、29200日。

時間は有限です。

 

よく時は金なりと言います。

お金は増やすことはできますが、時間を増やすことはできません。

赤ん坊も子どもも大人も大統領も1日に24時間は変わりません。

その時間をどう過ごすかはその人自身にかかっているわけです。

 

睡眠時間は人にもよりますが、平均7時間と考えると

残り17時間が実質自由に使える時間となります。

 

あなたはどんなことに1日の時間を使っているでしょうか?

 

 

 

1日の過ごし方で未来が作られる

 

人間はだいたい習慣というものがあります。

 

何時に寝て、何時間仕事をして(学校へ行って)、何時に食事をする。

そして残りの自由な時間をいろいろな活動をする。

 

 

例えば、プロのスポーツ選手であれば1日に最低8時間ぐらいはトレーニングを

しているでしょうし、食事や体調管理も必要です。

歌手であれば、歌中心の生活になると思います。

主婦であれば、育児や家事に大半の時間が使われます。

サラリーマンであれば、会社での仕事に大半の時間が使われます。

学生であれば、学校や勉強に大半の時間を使っていることでしょう。

 

そう考えてみると今いる状況において、1日の過ごし方は違うでしょうし、

その過ごし方によって未来も変わるわけです。

 

ここで大切なのは今自分がこうなりたい未来があって、

今の1日の過ごし方でそれを実現できるかどうかを考えてみてください。

 

もっと成果を出したいなら何に時間を使うべきなのか、そのためにどの時間を

削らなければいけないのか、なかなか難しいことですが、

未来を変えるには1日の過ごし方を見直す必要があると思います。

 

ちょっと抽象的な話になりましたが、

1日の過ごし方を大切にしたいですね。

 

 

それではまた。

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。