7.15 覚えたつもりでは安定して点数は取れない

お問い合わせ
電話番号

7.15 覚えたつもりでは安定して点数は取れない

今回の期末テストの結果をいろいろと見てきて、

感じることがあります。

それは、理科と社会の暗記部分についてです。

暗記する力は、定期テストでは非常に大きな力になります。

 

今日は、それについてブログで書きます。

 

 

このブログは、

(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

 

一気にやらずに分けてやる

 

理科と社会できちんと成果が出ている生徒は、

こつこつと取り組んでいます。

どうしても一気に覚えるものをたくさんやると、

一つひとつの印象がうすくなってしまい、

覚えるのも時間がかかるし、何より忘れるのも早いです。

やはり詰め込むにしてもある程度の限界はあるでしょう。

 

テスト範囲を何日かに分けてやり、余裕を持って取り組むことが

大事です。そうすることで、覚える量も多すぎることなく、

暗記しやすくなります。

時間を決めて、30分は暗記に集中するというふうにしてもいいかと

思います。

そのためには、早めにテスト勉強に取りかかる必要があります。

 

 

★最重要  暗記できているか確かめる

 

そして何より大事なのは、ちゃんとできているか確認することです。

これは本当に大事です。

この確認がしっかりとできていない生徒が大半です。

どうしても1回やって覚え直して、その時できたので

終わりにしてしまいがちです。

 

また、次の日や数日後に確認する必要があります。

どうしても人間の記憶は定着するまでは、かなり忘れてしまうので、

注意が必要です。

そして、テスト本番になって、

「あれ?これ何だったっけ?出てこない・・・」

なんてことが起きやすくなります。

 

だからこそ、しっかりと確認する時間を取り、

できているか定着をはかることが大事です。

特に、平均点以下の生徒は明らかにこの確認がまったくと

いっていいほど、できていないので改善する必要があります。

提出物が終わって、テスト勉強が終わりと思っている生徒が

まさにこのパターンです。

 

今後は、うまく確認の学習ができるように指導していきたいと思います。

 

 

以上です。

それではまた。

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。