7.07 やる気に頼らない仕組みが大切

お問い合わせ
電話番号

7.07 やる気に頼らない仕組みが大切

昨日も生徒と面談。

ここ最近、体験授業が増えてきて

いよいよ夏にむけて危機感を感じている受験生が

増えてきたなあと思いました。

 

今日のブログは自分にも言い聞かせたいテーマです。

 

さて、このブログは、

(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

それではどうぞ。

 

 

やる気は続かないものと考える

 

01b87b864f8967f08b674bc81170b2c1_s

 

「やる気スイッチ」という言葉がありますよね?

やる気が続けばなあ~と誰もが思うと思いますが、

そもそもいつでも絶好調な人はいません。

 

気分が悪い時もありますし、何か嫌なことがあれば

気持ちが下がることもあります。

だからそもそも「やる気」なんかに期待するよりも

淡々とやるという姿勢が大切です。

 

こんな研究結果があるそうです。

心理学者クレペリンが発見した「作業興奮」。

なんてことはない。

とりあえずやってみる。

作業してみる。

 

すると興奮してやる気が出ると。

脳科学的には、やる気=ドーパミンというやる気ホルモンが、

脳の側坐核という部分から出ている状態だそうです。

 

 

続けるための仕組みを作ろう

 

やる気に期待するよりも大切なのは、

行動するための仕組みをつくること。

そうすれば、やる気にかかわらず行動せざるを得なくなる。

人間って不思議と締め切りがあると、

それに向かっていつもの何倍もの力を発揮できますよね。

それと同じようなものです。

 

じゃあ、具体的にどうすればいいかと言えば、

この時間、この日にやると決めることです。

そして、時間を天引きすること。

例えば、20時~20時半まで英語を勉強すると決めたら

とにかくその時間は机に座り、英語を勉強する。

集中できるかどうかは別として、まずはやってみる。

その中で、これならできそう、時間を変えたほうがいい、

など、やっていく中で修正していけばいいわけです。

 

まずは、どうすればやるかの仕組みを考えて

やってみること。そして、行動していく中で

最初はやる気がなくてもやる気がでてくるきっかけが

うまれてきます。

行動せずにやる気は出ないですよ。

 

 

それではまた。

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。