6.08 テスト範囲表に成績アップの秘訣あり

お問い合わせ
電話番号

6.08 テスト範囲表に成績アップの秘訣あり

こんにちは。

先週から期末テストにむけてテスト対策を実施しています。

 

いよいよ明日から鹿骨中学校は、期末テストが始まります。

受験生にとっては、内申にかかわる重要なテストです。

2年生にとっては、成績アップをするチャンスであり、逆に

難易度も上がってくるので、成績がダウンする危機の時でも

あります。

1年生は、初めてのテストなのできっとドキドキでしょう。

 

 

さて、このブログは、
(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)
少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

それではどうぞ。

 

DSC_0097

 

テスト範囲表には、試験の出るヒントがたくさんある

 

どの学校もテスト2週間ぐらい前になると、テスト範囲が配られます。

教科書の何ページから何ページまでが試験範囲で、提出物は

これをやっていつまでに出すと書いてあるものです。

このテスト範囲表って、実は成績アップするために、非常に

重要なものであるにもかかわらず、ちょっと提出物だけの場所を

確認して終わり、なんて生徒が多いです。

 

何が重要かというと、よく見ると教科書を繰り返し読むとか、

ここのプリント中心から出題するとか、このページの部分は

繰り返し解いておくとか、いろいろとテストに出題される

ヒントがたくさん出ているのです。

でも、それをほとんどチェックしていない。

むしろわたしのほうが

「このあたりがテストに出るらしいよ」

と突っ込んでも全然気づいていないこともあります。

 

 

テスト範囲表の見方でその生徒の成績レベルがわかる

 

テスト範囲表ってただ書いてあるのを読むのではなく、

その見方でだいたい生徒の学力レベルが

わかってしまいます。

 

〇テスト範囲表をそもそも見ていない(なくした)

点数0~20点

 

〇テスト範囲表を見て、提出物の範囲は一応見た。

点数21~40点

 

〇テスト範囲表を見て、提出物のところだけでなく、

何が出題されるかのポイントを見た。

点数41~60点

 

〇テスト範囲表を見て、出題されるポイントを読み、

そこをしっかりと勉強した

点数61~80点

 

〇テスト範囲表を繰り返し見て、提出物は1週間前には終わらせ、

出題されるポイントもしっかりと身につけるまで学習した

点数81~100点

 

ざっくり20点刻みで5グループに分けましたが、

まあ概ねその傾向にあります。

 

保護者の方は、ぜひお子さんにテスト範囲表の見方を

ちょっと聞いてみてください。

それだけでテストを受ける前からテストの点数はだいたい

わかりますよ。

 

 

それではまた。

 

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。