6.06 都立トップ高校の日比谷高校の入試報告会へ

お問い合わせ
電話番号

6.06 都立トップ高校の日比谷高校の入試報告会へ

昨日は、都立高校のトップ高校と言われる日比谷高校へ

行ってきました。学習塾向けの入試報告会です。

うちの塾は、そんな進学塾ではないので

ここを目指す生徒は今のところはいませんが、将来そんな

生徒も対応できるような塾にはしたいと思っています。

明日は、戸山高校、来週は、青山高校と新宿高校へも

行く予定です。

 

このブログは、

(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

 

 

推薦の内申基準はオール5が当たり前

 

都立高校の入試では、3:7で、内申と受験点の合計で合否が決まります。

そのうちの内申ですが、9教科を1~5段階評価となっております。

つまり、最高の内申は9×5で45(素内申)となります。

 

ちなみに入試報告会で話がありましたが、

日比谷高校の推薦を受けた生徒の内申レベルは

オール5が当たり前だそうです。

オール5でなければ、スタートラインにすら立てないということになります。

う~ん・・・すごい世界ですね。

そして、印象的だった話としては、

「日比谷に来たらこれまですごいと言われていた生徒も

別に普通なんですよ」という言葉。

レベルの高さ、基準の高さを感じます。

 

 

学習・生活環境の大切さ

 

今回、なぜ受験を考えている生徒もいないのに、

上位層の入試報告会や授業見学へ行ったかというと、

どんな学校環境が整っているか、生徒の意識レベルはどんな感じかを

知りたかったからです。

やはり偏差値60以上の学校は、偏差値40以下の学校とは

授業のレベルもちがいますし、教員の大学受験への意識も違いますし、

学習設備や環境も大きく違います。

生徒のモチベーションを上げる工夫や自習室の完備、

スーパーサイエンス、進学重点校の指定校など、

生徒の学力を育てるだけでなく、部活や行事にも力を入れる仕組みになっています。

 

いろいろと自分がすごしてきた高校の環境とは違い、

現在のトップ高校が目指している方向性がわかってきました。

いい刺激になりました。

生徒たちにも進路指導をする際に

自分がどのような高校の環境を選ぶのか、

その大切さをしっかりと伝えていきたいと思います。

 

今週、来週とこれから他校の学校の入試報告会や授業見学も

あるので、しっかりと学んでいきたいと思います。

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。