5.28 期末テストにむけての面談

お問い合わせ
電話番号

5.28 期末テストにむけての面談

各学校によりますが、来月の中旬から下旬にかけて

期末テストがあります。

現在、チェンジ塾には7校の中学校さんから来ていただいているので

日程が少しずれますが、

これからしっかりと対策をしていきたいと思います。

 

今日のブログは、期末テストにむけての面談についてです。

 

このブログは、

(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

 

前回の立ち位置と目指すべき場所を決める

 

生徒たちと面談していて残念だなあ~と思うのは、塾に来て勉強している

にもかかわらず、前回の期末テストの点数は何点だった?

と聞くと

「う~ん・・・覚えてない、何だっけ・・・忘れました」

という生徒が少なくありません。

そもそも前回の自分の点数すら覚えていない場合、

ほとんど興味がないことがわかります。

興味がないということは、期末テストに対して意識が向いていないので

当たり前ですが、いい結果は期待できません。

 

毎回、生徒たちには前回の点数をプリントに書いてもらい、目標の点数も

書いてもらいます。そのときに、前回のテストの点数がすらすらでてくる生徒は

やはり意識が高いですね。

これは成績の良さにおおむね比例します。

その後に、目標の点数を決めてもらいます。

目標設定については、ある程度生徒の自主性は尊重しています。

 

 

テストまでの残り日数を意識させる

 

テストまでの日程は決まっていて、残り日数は限られています。

きちんと成果を出すには、残り日数を考えて準備をしていく

必要があります。

 

特に、提出物がポイントですね。

これにテスト直前まで追われていたら、いい結果は期待できません。

生徒によっては、提出物を出したら終わりだと思っている

生徒もいるので、そのあたりは考え方を変えるように指導しています。

テスト勉強はきちんとわからないところをできるようにする、

覚えるべきものをしっかりと身につける、これが本来のテスト勉強です。

 

そのためには、繰り返し問題を解く必要がありますし、暗記するものも

1回では覚えられません。

だからこそ、そのための時間を確保する必要があります。

 

残り日数をきちんと考えて準備をしていく。

なかなかうまくやっていくのは難しいですが、

だんだんと計画的にできるように指導しています。

 

それでは。

 

 

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。