3.01  入試結果をどう受け止めるか

お問い合わせ
電話番号

3.01  入試結果をどう受け止めるか

合格祈願

こんばんは。

 

明日はいよいよ都立入試合格発表日です。

私も塾経営を始めて3回目の体験ですが、

やはりドキドキします・・・

 

 

さて、今日のテーマは、

「入試結果をどう受け止めるか」

 

です。

 

 

このテーマにした理由は、

都立入試発表前日だからこそ、ふと書いておきたいと

思ったからです。

 

 

入試は、残念ながら受験した生徒が全員合格するわけでは

ありません。

昨年度も合格率は、70%をきっていて、

不合格の人数だけを見れば1万人以上います。

 

もちろん合格することに越したことはありません。

受験したからには、合格したほうがいいと思うのは

当たり前でしょう。

しかし、大切なのはその生徒自身が本当に頑張ったかどうか。

それがこれからの経験にいきると思います。

 

私自身、高校入試の時は、はっきり言ってそれほど行きたい高校が

あったわけではなく、ただ高校受験をむかえ、結果は合格しました。

今、振りかえってみると合格したことは、プラスではありますが、

経験としてはたいしてプラスに働いていないと思います。

むしろ教員採用試験は、2回落ちて3回目で合格していますが、

確実に2回落ちて良かったと今言えます。

そう思えたのは、必死に頑張ったからこそわかることがあったからです。

 

 

人生において、

たいして頑張らなくてもいい結果がでることもあるし、

必死にやってもうまくいかないこともあります。

そう考えると、ついつい結果だけにフォーカスしてしまいがちですが、

やはりそれまでのプロセスが非常に大事です。

頑張った経験があれば、これから先もそれは必ずいきてきます。

 

なぜなら、人生のチャレンジは受験1回に限らず、何度もあるからです。

 

さて、明日は合格発表の日。

 

結果を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。