2.24 都立入試本番を終えて

お問い合わせ
電話番号

2.24 都立入試本番を終えて

昨日は、受験生の勝負の日である都立一般入試でした。

やや天候は朝は良くなかったですが、

夕方以降は回復してきました。

生徒たちには、終わった日に自己採点をしてもらうために

問題用紙に答えを書くように指示しておきました。

 

今日のブログは、都立入試本番を終えてということで

書きます。

 

このブログは、

(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

 

新聞掲載の都立入試の問題と解答

 

都立入試の自己採点

 

生徒たちには、実際に自己採点をしてもらい、

塾のほうで確認しました。

自己採点をすると、だいたい問題の難易度もわかりますし、

自分の点数が合格圏内に入っているかもだいたい

計算できます。

生徒たちは緊張しながらも採点をしていて、

それでも過去問よりもいい成績を取った生徒が多く、

思った以上に力が発揮できたのかなと思います。

志望校判定的にS判定(合格率90%以上)が

半分以上でました。

 

それでも最終的には3月1日の合格発表がでるまではわかりません。

生徒たちにはそのことを伝え、そこですべての結果が決まって

しまうのでシビアなところはありますが、

結果を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

勉強を積み上げた成果は高確率で発揮できる

 

生徒たちの自己採点を見ていると、

ほとんどの生徒が意識して取り組ませた部分は

しっかりとできていた印象でした。

数学で言えば、大問1の計算や角度、資料の問題。

これはとにかく徹底しました。

とくに計算ミスが多い生徒は、見直しの仕方や見直しをする

習慣をつけさせていきました。

 

英語でいえば、最初のリスニングの3問。

読解は2の部分。

とにかく反復で繰り返し、繰り返し行いました。

社会や理科においても単元をしぼり、

生物を徹底した生徒や化学を徹底した生徒、

社会は、雨温図や地理に集中して勉強した生徒も

います。

 

どの勉強もそうですが、わかるとできるはちがいます。

わかったと思っても出る問題が少し変わるとわからなくなるのは、

自分で本当に理解できていません。

まったく同じ問題ならできますがというものですね。

それでは入試では通用しないので、

とにかく繰り返し問題を解いてもらいます。

そうすると、だんだんと正答率が上がり、解くスピードも速くなるので、

いいリズムがうまれてきます。

 

やはり反復練習の大切さを実感します。

 

それでは合格発表まで気持ちが落ち着かないですが、

期待して待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。