11.10 やる気スイッチなんて関係ない

お問い合わせ
電話番号

11.10 やる気スイッチなんて関係ない

今日は、やる気について考えていきたいと思います。

よくやる気スイッチなんて言葉がありますが、

そもそもやる気なんて考えずに「やる」と決めることが

大事なのでは?と考えています。

 

 

さて、このブログは、
(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、
より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

58856784a6a005a2349149dda29f3d07_s

 

成果を出している人はやる気に左右されない

 

大リーガーのイチロー選手の言葉をご紹介します。

 

「何かを長期間、成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある」

 

今年の6月に日米通算安打で4257安打を記録し、

世界一となった話はみなさんもご存知かと思います。

以下、リンクを張っておいたのでよければご覧ください。

 

http://www.asahi.com/articles/ASJ6H3STTJ6HUTQP00B.html

 

この言葉で私が重要だと思うのは、

長期間成果を出すには、考えや行動を一貫させる必要があるという点です。

つまり、やる気に左右されていれば、

調子いいときは頑張って、調子が悪くなればやらないという状態になり、

一貫性がなく、成果も浮き沈みがでてしまうわけです。

 

自分がどうしたいかは自分で決めればいい

 

私自身、これまでたくさんの生徒とかかわってきて、

生徒の状況に応じて、よりよい指導の選択をしてきたつもりです。

しかし、一方でこれで良かったのかと思うところもたくさん

あります。

本人のペースに合わせてさせたことでうまくいくこともあれば、

それが甘やかしになっていたこともあるわけです。

一方で、本人の重荷になっていれば、それは本人にとって

厳しすぎるペースであったかもしれません。

 

だからこそ、自分でどうしたいかをしっかりと考えていく

必要があるわけです。

やる気って人からの影響はあるかと思いますが、

最終的には自分でやる気を出していく必要があると思うわけです。

誰でもいつでも絶好調の人はいませんから。

必ず、調子が悪くなるときはくるわけです。

 

「やる」と決める!

 

結局、しっかりと成果を出し続ける人ってやる気にかかわらず、

強く決めている人なんだろうなあと思います。

 

それではまた。

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。