10.4   小学生の間に基礎を身につけることが大事

お問い合わせ
電話番号

10.4   小学生の間に基礎を身につけることが大事

チェンジ塾には、小学校3年生から小学校6年生の生徒さんが

通ってくれています。その中で、実は小学校1年生からもう1年半通ってくれて

いる生徒さんもいます。

 

 

今日は、小学生のことについて書きます。

 

さて、このブログは、
(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、
より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

 

 

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s

 

 中学生で勉強で苦労する生徒は小学生レベルでつまずいている

 

これまでたくさんの中学生を見てきて、特に実感することが

小学校段階でつまずいている生徒が少なくないということです。

学校のテストで、80点以上取っている生徒であれば

問題はないと思いますが、平均点以下の生徒は間違いなく

理解が不十分&定着ができていません。

 

数学で言えば、分数や小数の計算、わり算の筆算、割合の考え方も

よくある苦手分野ですね。

国語は、漢字とそもそも主語や述語の働きすらあやしい生徒さんも

います。

この2教科だけでもかなりの差になって中学校で響いてきます。

やはり小学校段階の基礎・基本は大事です。

 

 

 

勉強に向かう習慣が大きな基礎になる

 

知識的な学力も大切ですが、実はもっと大事なのは勉強に対する

集中力ややる気、忍耐力かなと思っています。

中学生になると、授業時間も増えますし、問題の難易度も上がります。

だからこそしっかりと勉強に向き合う力が必要になるわけです。

しかし、それがこれまでに養われていないと、

集中力がもたずに、ほとんど授業が聞けない状態になります。

そして、その調子なのでわからなくなります。

 

残念な話ですが、中3の受験生でも小学生のやる気や集中力に負けてしまって

いる生徒も少なくないです。これは、やはりこれまでの勉強に向き合ってきた

習慣なのかなと思います。

 

そう考えてみると、やはり早い小学生段階で勉強があまりできていない

のであるなら、早く対応を考えて実行することがポイントになります。

 

 

それではまた。

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。