10.27 漢検をやりました!

お問い合わせ
電話番号

10.27 漢検をやりました!

こんばんは。

 

今日は、漢検を夜の8時から実施しました。

6級から3級まで13人の生徒が

受検しました。

 

そのことについてブログに

書きます。

 

 

このブログは、

(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

 

 

 

都立入試で漢字は20点分出題される

 

私が、生徒たちに漢検を勧める理由としては、

学校のテストでも漢字は出題されますが、

何より都立入試で20点分も配点が

あるからです。

 

読みが10点、書きが10点ですね。

しかも漢字ってそんなに日ごろ勉強する

生徒は少ないので、

このような漢検という期間も決まって

いて、取り組みやすいものが効果が

高いので取り組ませています。

 

だいたい漢検3級を合格していると、

都立入試の漢字が8割ぐらいできると

言われています。

だからこそ、中1、2年生にも

今のうちから漢字を意識させています。

そうしないと、漢字が苦手な生徒は、

中3でも5級すら合格できない生徒も

けっこういます。

 

学校の国語のテストで、漢字が半分も

できていない生徒は要注意ですね。

 

 

漢字すらできないのに他のことができるわけない

 

漢字って、正直言って単純ですよね。

練習すれば、その分だけ

力がつきます。

覚えているか、覚えていないかの世界なので、

練習をしているかどうかが、

すぐにわかります。

しかも漢検って、200点中140点の7割で

合格なので、それなりに勉強すれば

合格できるわけです。

もちろん、2級になると、合格は8割以上

ですし、レベルは高いですけどね。

 

 

つまり、合格できない生徒って

はっきり言って練習が足りないわけです。

特に、100点以下の生徒なんて、

まさにそうです。

半分もできていないのですから。

 

そして、漢字なんて苦手だしとか、

嫌いだし、とか言ういい訳の生徒が

いますが、

そもそも漢字すらできないのに、

他のことができるでしょうか?

と言いたいですね。

 

漢字すらできないのに、

受験を乗りきれるでしょうか?

 

漢字は練習すれば出来るように

なります。

暗記が苦手な生徒だって、

毎日やればできますが、

いい訳を言っている生徒は

そこまでやっていないので

結局、努力が足りていない

ことを反省すべきだと

思っています。

 

結果が出るまで、まだ

3週間ぐらいあるので、

気長に待ちたいと思います。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。