10.03 先を見通す力の大切さ

お問い合わせ
電話番号

10.03 先を見通す力の大切さ

来週の鹿骨中の中間テストでようやく一通りの中間テストが

終わります。9月上旬から約1ヶ月という長丁場でした。

 

今回のテスト期間での生徒たちの様子を見ていて

先を見通す力が成績と関係しているなあと

とても感じました。

 

このブログは、

(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

 

 

テストの日は最初から決まっている

 

当たり前の話ですが、

年度初めに学校では年間予定表が出ます。

それを見れば、もう1年間のテストの予定がわかります。

1学期は6月に期末テスト

2学期は9月に中間テスト、11月に期末テスト

3学期は2月に期末テスト

(各学校によって多少前後はありますが)

基本的にこんな感じです。

 

ところが生徒たちからこんな発言がけっこうあります。

「あれ? もう2週間後にはテストなんだ・・・」

 

と、テスト範囲をもらって初めて知ったみたいなことがあるわけです。

これでは、もう学力レベルが低いのはわかりますね。

これまで、テストにむけての意識がまるで向いてないわけです。

 

一方で学力が高い生徒は、しっかりとテストの日程を把握して、日々

準備を進めています。だから、テストに対する意識が高いわけです。

学力が高くて当たり前ですね。

 

この先を見通す力を少しでも生徒たちには意識させていきたいと思います。

 

 

先を見通す力は人間にとってとても重要

 

さきほどテストの日程という例で書きましたが、

先を見通す力は子どもだけにかかわらず、大人になっても重要です。

 

1年後、あなたはどうなっていますか?

 

5年後は?

10年後は?

 

さらに30年後は?

50年後は?

 

将来、確実に日本は少子・高齢化社会で、

人口もどんどん減っていきます。

これは避けられない現実であり、そのために自分がどうすべきかは

やはり先を見通す力が必要不可欠なのはわかると思います。

 

生徒たちは、今はテストや受験という目先のことだけで、

とりあえずはいいですが、いずれこの問題とも向き合っていかなければ

なりません。

 

だいぶ話が飛躍しましたが、しっかりと将来を見据えて、生徒たちには

今の学習を頑張って欲しいなあと思います。

 

以上です。

 

 

それではまた。

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。