10.01 2学期中間テストの嬉しい報告2

お問い合わせ
電話番号

10.01 2学期中間テストの嬉しい報告2

前回のブログに引き続き、

2学期の中間テストの嬉しい報告をします。

 

今回は、鹿本中学校の中1の生徒Yさんです。

中1生は、1学期はまだテスト内容も易しかったですが、

2学期から完全に中学校のテストになり、

毎年、平均点がかなり低くなります。

 

その中でどういう成果を出したのか

ご紹介します。

 

このブログは、

(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

 

 

あきらめていた教科で22点アップ!

 

この生徒さんYさんは、理科が好きではなくて、

テスト勉強期間になってもあまり勉強

していませんでした。

 

私「そういえば、理科の勉強やってる?」

 

Yさん「全然やってないです。何したらいいか

わからないですし、もうあきらめています」

 

私「え!? あきらめる必要はまったくないよ

じゃあ、これをこのやり方でやってみよう」

 

Yさん「・・・わかりました。 やってみます」

 

私「大丈夫! いい方法があるから(^-^)  」

 

こんな感じで、最初はあまり乗り気がなく、自信なさそうに

取り組んでいました。

 

ワークやプリントをやり、言葉の意味や勉強の仕方を

確認していくうちに、だんだんと手ごたえが

でてきたようで、やる気が見えてきました。

 

そして、見事に22点アップです!

 

 

 

できないというよりやってない人ばかり

 

勉強ができない生徒に明らかに共通

している点ですが、

そもそもそのできないと言っているものに

対して、行動をほとんど起こしていません。

 

 

当たり前の、当たり前の話ですが、

行動しなければ、勉強しなければ、

できるようにはなりません。

 

そもそもやっている量が少なすぎて、

それじゃあ、成果が出ないよという

人ばかり。

なぜ、そうなってしまうかといえば、

こんな状態です。

 

①できないと思っているから、

苦手意識が強く、さける

②さけているから、考えていない

③考えていないから印象に残っていない

④印象に残っていないからどうでもよくなる

⑤どうでもよくなるから、いつまで

たっても行動しない(できない)

⑥そしてついにはずっと苦手のまま

⑦マイナスイメージは強くなるばかり

 

こんな感じですかね。

 

ですから、①の状態のうちに

しっかりとサポートし、やることを教え、

徹底して反復し、成果を出させることが

ポイントです。

 

そうすると、できることが増えてくるので、

だんだんとマイナスイメージが取れてきます。

 

そして、受動から主体へチェンジ。

 

これが塾の役目かなと思っています。

 

無事にチェンジできて何よりです!

 

それではまた。

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。