1.25 生徒の問題行動を放置していてもしょうがない

お問い合わせ
電話番号

1.25 生徒の問題行動を放置していてもしょうがない

先日、久しぶりに友人とランニングを

しました。

 

その時にある話題をきっかけに教育の話に

なったので、今日はそのことについて

ブログで書きます。

 

このブログは、

(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

問題行動を起こす生徒をどうするか

 

 

■友人が都立高校へ行き、

講座をした時に生徒の態度が

あまりにもひどかったようです。

 

先生たちも諦めているらしく、

授業中にスマホはやるし、

チャイムがなっても席についてない

生徒もいる。

 

 

お客さんが来ている意識が

無さすぎる・・・

 

 

かといって、ヤンキーみたいに

暴れまくるわけではない。

 

まあ、冷めていて、

調子にのっている感じですね。

 

 

 

■学校の話だと厳しくするとやめてしまい、

その子たちの行き場がないので、

セーフティーネットみたいだとのこと。

 

 

私からすると、学校のいうセーフティーネット

は形だけで、マイナスですね。

 

悪いことをほって

おいて価値なんてあるわけないです。

 

 

 

 

■そして、友人にそういう生徒は

どうしたらいい?

 

と聞かれたので、考えを伝えました。

 

「よくある手のかかる生徒をどうするのか」

 

という問題です。

 

 

 

私ならまずは線引きをすること。

 

ただ、イベント的に今回のように

関わる場合は、かなり難しい。

もうその負の態度が習慣化されてますからね。

 

 

 

やはり学校が説明会段階で

学校のルールを伝え、それが守れないなら、

処分扱いをすること。

 

毅然とする姿勢ですね。

まあ、高校は義務教育ではないですから。

 

 

■もちろん、その上で、やれることは

しっかりやり、生徒と本気で向き合い、

良い方向に持っていくこと。

 

時間はかかりますけど、

続けていれば必ず良くなります。

 

 

 

しかし、それだけのことをやる

学校のシステムがないのが

現状ですね。

 

今は、頑張っている先生が

自己犠牲になってしまう

可能性が高いです。

 

もっと教育委員会や管理職が

本気で取り組まないとダメです。

現場ではなく、行政が頼りない。

 

いじめ対応もそうですが、

保身な人が多すぎる。

これが私が教師を辞めた理由の

一つでもあります。

 

 

大人はもっと頭を使って対応するべき

 

■これと同じような問題で、

 

先日、町田市の都立高校で

教師が生徒を殴って問題になった

ニュースがありました。

 

 

 

でも、その経緯は生徒が問題行動を

起こして、教師に文句を言っていることが

わかりました。

 

 

 

私は、この状況を映像で見た時に

別に教師に問題があったわけではなく、

起こるべくして起きたことだと思いました。

 

 

どういうことかというと、

おそらく日々この生徒は

教師に対して、こんな態度を取っていたでしょう。

 

それぐらいひどい言葉でしたね。

 

あんな罵声を教師に対していう生徒は、

相手にせずに毅然と大人の対応をすればいい。

 

 

 

 

■体罰が悪いのはその通りです。

 

しかし、この問題は分けて

考えないといけないですね。

 

 

体罰が悪いのは誰もが分かっています。

 

 

では、なぜ教師は殴ってしまったのか。

 

 

というよりも限界が来て結果的に起こった

事故ですね。

 

 

体罰はやってはならないという研修

をいくら今後やってもこの問題は解決しません。

 

そんなの当たり前の話だから。

 

 

今回の件に関して言えば、

生徒を学校側が毅然とした対応をしておけば、

 

起こらなかった事例です。

 

 

 

■原因はルールを守らない生徒を放置し、

 

教師任せにしたお役所、管理職の責任です。

もちろん家庭にも問題があります。

 

なぜ、もっと頭を使って生徒に

対応しないのか、

 

正直疑問です。

 

大人はもっと賢いはずですし、

知的に戦うべきです。

 

このまま生徒の問題行動を放置したら

どうなるのか、

 

真剣に考えればどんなことが引き起こされるか

わかるはずです。

 

 

大人はもっと頭を使って、毅然と生徒たちに

対応すべきだと思いました。

 

 

 

 

それでは、今日もブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。