1.12 受験生はラストの力試し

お問い合わせ
電話番号

1.12 受験生はラストの力試し

先週の日曜日に受験生の最後のVもぎがありました。

いよいよ都立の一般入試まであと1ヶ月半。

あっという間に受験の日まで迫っています。

 

今日はこのVもぎの結果についてのブログです。

 

このブログは、
(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、
より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

DSC_0284

 

冬休みの成果がわかり、実践力がわかる

 

今回のテストで何がわかるかと言えば、やはり冬休みの頑張りが

わかるかなと思います。

2学期の期末テストが終わり、内申対策から受験モードにきりかえ、

過去問や単元をしぼって、実践と復習を繰り返してきました。

この時期は、最後の実力を養成する時期で、過去問をやって、

苦手単元をしぼって、復習をして学習を重ねてきました。

 

また、テスト形式で1日に5教科全部やるので、時間配分や集中力の状況

など、自分のテストに対する実践力もわかると思います。

今回、時間配分はどうだったのか、集中力は最後までもったのか、

どうすれば本番ではベストの状態をつくれるのか、いい経験になった

かと思います。

 

結果が良くても悪くてもこれからに役立てる

 

あくまで模試というのは、練習であって本番ではありません。

したがいまして、結果だけに左右されず、いいにしても、悪いにしても

課題はあるはずです。

良かった点、悪かった点をきちんと振り返り、本番につなげることが

ポイントです。

 

たとえ、S判定であったとしても100%合格できる保証はないですし、逆にE判定で

あっても100%不合格かというと、そうとも言い切れません。

生徒たちには、自分がこれまで勉強してきた単元や問題がしっかりできたのか、

計算ミスや問題の読み間違いはなかったのか、

きちんとフィードバックをしています。

 

そして、本番までの残り40日をしっかりと充実したものに

していきたいと思います。

合格できるかどうかは、この経験をいかせるかどうかに

かかっています。

 

私も塾としてできた点とできなかった点を

反省をしていきたいと思います。

 

それでは。

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。