5.15 どういう基準をもつかで成果は決まります

お問い合わせ
電話番号

5.15 どういう基準をもつかで成果は決まります

先日、小岩五中の復習テストが終わり、

結果がぞくぞくと返ってきました。

その中で、いい点数もあれば悪い点数もありました。

生徒たちとテストのことで話している中で、

ふと気づいたことがありました。

今日は、そのことについてブログで書きます。

 

このブログは、

(勉強ができるようになりたい生徒・保護者様だけでなく、

より良い人生を送りたい人にむけて書いています)

少しでも読者のみなさまに参考になれば幸いです。

価値が残せるよう頑張ります。

 

 

 

そもそもどのぐらいのレベルになりたいのか

 

ここで、三人の生徒(仮の人物)を例にご説明します。

例えば、数学のテストで60点を取ったとします。

A君(いつも80点ぐらい取れている)の場合、

「60点なんて悪すぎるよ。どうしよう~!まずいなあ」

B君(いつも60点ぐらい取れている)の場合、

「60点ならまあまあかな。平均点取れたし」

C君(いつも40点ぐらい取れている)の場合、

「60点?! やったよ!こんなにできるなんて頭いいかも」

 

点数は同じ60点だとしてもまったく生徒によって受け取り方が

ちがいます。

集団塾の場合は、同じぐらいの学力レベルが集まっているので

結果の受け取り方は同じぐらいだと思いますが、個別指導塾の場合は

レベルがさまざまなので全くちがいます。

偏差値も20台~60台まで幅広いですから。

 

つまりこの生徒の結果の受け取り方によって、生徒がどのぐらいのレベルに

なりたいのか(どんな基準)なのかがわかります。

そして、当たり前ですが、点数が良くない生徒は明らかにこの基準レベルが

低いです。

 

 

成績を上げるためには高い基準をもつことが必要

 

基準が低ければ、たいした成績でなくても満足してしまい、

勉強をしなくなるでしょう。上の3人でいえば、C君ですね。

今回、60点取れたし、かなりわかってきているから

次回もいけるよね・・・と油断する傾向があります。

そして、A君は危機感を感じているので

しっかりと反省して勉強しなきゃと、

次回はきっと成績を上げてくるでしょう。

 

では、高い基準をもつためにはどうするかと言えば、

やはり目指すべきゴールが必要です。

ただ、上を目指せといってもやらされている感じでは

厳しいでしょう。

高校入試でいえば、志望校ですね。

そこに行きたいと思うならば、

必死になって勉強するでしょうし、頑張れると思います。

まだ、志望校が決まっていないなら、しっかりと調べること、

考えることです。

そして、それにむかって努力をしていけば、成果はだんだんと

でるでしょう。

残念ながら、何も考えていない(基準が低い)生徒は、

それだけの成果がまっているだけです。

 

これは、決して勉強に限らず、スポーツや仕事でも同じです。

基準の高さに結果は比例すると思います。

ぜひ、結果を出している人の様子をみてみてください。

基準が高いと思いますよ。

 

それではまた。

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。